2018年1月18日木曜日

Bromptonの携帯工具?

ども、皆さん走ってますか?

最近、今年のBrompton World Championship 参戦について書かせて戴いておりますが、
今日は、視点を変えてBrompton ではなく、Brompton用の携帯工具について書かせて戴きます。

私のS2L-Xは、購入当初フロントハブはPhilwoodにてアーレンキーボルト締め、リアハブは
純正ハブに Ti Parts Workshop 製のクイックシャフトに変えてを使用しておりました。

2年前のBWCにて、初めて見たJhoseph Kuosacのカーボンホイールを心を奪われてしまい、
やっと去年入手することができたのですが、フロント、リアとも15mmのナット止めとなっております。

今はロード、MTBともクイックシャフトによる車輪脱着が当たり前ですが、ナット止めですと
外出先などでパンクした時など結構大変ですよね?
(昔はウィングナットと言った手で回せるものもありましたが。)

Brompton 純正としてフレームに内蔵できる工具もありますが、このような製品もBromptonの
携帯工具として販売されております。


Ti Parts Workshop製10mm-15mm(上)とnov design製8mm-10mm-15mm(下)
 
 
写真の工具は両方とも材質はチタンにて、Ti Parts Workshop は香港製にてHK$180(約2,600円)、
nov desighは韓国製にて26,000KRW(約2,700円)で販売されております。
(金額は本日の為替レート、送料含まず。)
 
Ti Parts Workshop の工具は、6角にて軽量アルミナットも「なめる」ことなく使用出来るのですが、
工具本体の「角」が丸めていないため、力強く持つとちょっと痛いです。
 
nov design の工具は12角のため、アルミナットなどには使用したくないのですが、
本体の「角」は丸めているため、手にもなじみます。
 
 
海外製ばかりではなく、日本にもこのような良い工具があります。
 
 
新潟は燕三条のRunwell Aqalia 15(15mm) 
 
 
この工具は、去年のサイクルモードに出品されており、ピストホイールの工具として展示されて
おりました。12角の鉄製となります。(2,300円 with TAX)
ピカピカの分厚い「めっき」がいいですね。この工具はネットで購入できます。
(思わず頼んでしまいました。)
 
 
斯く言う私のBrompton のサドルバッグには、この工具を入れております。
 
 
Snap-on 1/4 ソケットレンチ(15mm with スライドハンドル)
 
 
一般的な1/4ソケットレンチは、14mmまでしかないのですが、なぜかSnap-onは16mmまで
あります。このソケットは6角にて並行輸入品ですが、この2つで約7,500円となります。
 
 
せっかくの大事な自転車ですから、工具も凝って見るのは如何ですか?
 
なお誠に申し訳ありませんが、掲載した工具はセオサイクルでの取り扱いは御座いません。
ネットなどで入手できます。
 
 
 


2018年1月15日月曜日

こんなんなりましたけど!

ども、走ってますか?

先日ご連絡させていただきました、今年のBrompton World Championship JAPANへの参戦ですが、
本日出場する自転車が『ほぼ』出来上がりました。


クランク、BB、ステムを変えてみました!


ステムをチタン製に変えたので、多少の軽量化を期待はしているのですが、BBを香港の「Ti parts workshop」のチタンシャフトより
米国「Philwood」の鉄シャフトに変えたので、どんなもんでしょうかね?(プラマイゼロ?クランクは台湾製ノーブランドより独国「Tune」のBig footとなりました。)


なんかチタンだらけになって参りました。(ハンドルもです。)


さて店長!来週車重を測りに伺います!(重くなっていたりして?)


P.S.でも、「脚力」と「体重」は変わらないんですよねぇ~!(あとは、最終兵器を付けるだけ!)


2018年1月6日土曜日

Such a BANANA!

ども、皆さん走ってますか?

さて、年末のご挨拶にて、今年も開催されるかもしれないBrompton World Cup JAPANへの

参加表明をさせていただきましたが、本日、関西在勤時代にロードのチームを組んでいた同僚より、

「何言ってんの、今年は3月25日に開催で、もう募集開始しているよ!」とのメールが参りました。

(一緒に鈴鹿7時間エンデューロに参戦した仲間です!)

えっ!Such a BANANA!(そんなバナ~ナ!)


おやじギャグはさておき、さあ、どうしよう!

えぇ~、去年よりも1か月も早い!(昔はGWの連休中に幕張で開催していたような!)

3月だとジャケット着ていても、汗だくにならないか?場所は変わらず袖ヶ浦か!

トレーニングしなきゃ!、軽量化しなきゃ!、ベアリングの効率上げるかぁ!

えぇ~ぃ、どぉ~しよ~!

とりあえずエントリーしなきゃあ!


Uth!MANBO!(大阪名物、平パー兄さん!by V6 の岡田さん)


まずは、もうちょっと軽量化して!(Bromptonを!)

以前より考えていた、参加するための最終兵器も、オーダーして半年!、年末にやっと店長からもらっているし!
(チェーン足りるかな?)

とりあえずは、明日からガンバリます!


P.S.最終兵器と言っても、「セオフェス」がまだ成田フレンドリーパークで開催していたころ、
  モールトンに特注した70Tのチェーンリングを付けて、上り坂を登れなかったような事は、
  もうしません!(確かクランクの長さと同じくらいの大きさのチェーンリングだったっけ!)

  だけど、また付けて走ったら、ウケるかなぁ?





2018年1月1日月曜日

本年もよろしくお願いいたします。

新年明けましておめでとうございます。

相変わらず自転車に乗らず、週末の夜だけお店に出没する私ではございますが、

本年も、変わらずお付き合いいただけますようお願いいたします。

 
今年は東京スカイツリーからの富士山です!


今年はレースは無理でも、何処かのファンライドにでも!